安曇野NOW

2016年5月 5日 (木)

久しぶりの更新は穂高神社遷宮祭

みなさま、なんとなんと。
10ヶ月ぶりの更新となります、安曇野案内人倶楽部ブログ。

今の今までなにをやっていたかというと、
まあなんといいますか、あれですよあれ。。。

というわけで、月日は流れ、
ただいま安曇野が世界に誇る古社、
穂高神社の遷宮祭が執り行われているところです!
(と、ブログ滞りを誤魔化してみる管理人。。。汗)
201605051

201605052

伊勢神宮と同様、20年に一度の式年遷宮をもつ穂高神社は、
その間に二度、小遷宮と呼ばれる遷座祭を執り行います。
大遷宮祭の行われたのが平成21年。
そこから7年後となる今年が小遷宮祭。

大遷宮祭では御本殿一座を新たに作り直し、
今回の小遷宮では本殿の修理を執り行うことになります。

すでに遷宮祭は1月に執り行われた四至榊立神事に始まっており、
4月下旬に仮殿遷座祭によって神様に一時的にお移り頂いています。
この後、
5月7日:清祓
5月8日:本殿遷座祭
5月9日:奉幣祭
5月10~15日:奉祝祭
5月16日:終了奉告祭
と進み、すべての神事が終了します。

現在、神社境内は記念の穂高人形大飾物を拝観する事ができます。
201605053

毎回遷座祭ごとに繰り広げられる人形絵巻は大変好評で、
今年はNHK大河ドラマ「真田丸」の年ということもあって
真田幸村関連が目立ちます。
201605054

201605055

201605056

201605057

そのほか、加藤清正の虎退治のエピソードや、
天孫降臨の神話の世界も創出されています。
201605058

201605059_2

また、北神苑の一角には御船が出現しています。
2016050510

穂高神社の例大祭といえば御船祭りの別称がありますが、
今回特別野外展示されているのは穂高神社のそれだけでなく、
安曇野市内各所の神社で曳き回されている御船たち。
2016050511

2016050512

2016050513

普通は車がついて曳き回される御船ですが、
堀金岩原地区の山神社のそれには車はついておらず、
神輿のようにかつがれるタイプとなっているのが特徴的。
飾りの幕などもそれぞれの神社で異なっているので
なかなかユニークな野外展示でぜひご覧頂きたいです。

御船祭りは今週末、いよいよクライマックスの遷座祭。
詳しい情報は穂高神社公式ウェブサイトをご覧ください。

穂高神社:遷宮祭

|

2015年5月25日 (月)

安曇野さんぽ市2015を終えて

安曇野案内人倶楽部が主催する手しごとの交流マーケット
「安曇野さんぽ市2015」が5月23日~24日の二日間の日程で開催されました。

今年で早や4年目となる交流イベントですが、
おかげさまで今回は過去最多を更新する72組の出店者に参加いただき、
おおぜいの方にご来場いただくことが出来ました。

直前の予報で少し心配だったお天気も幸い両日とも好天に恵まれ、
例年だと安曇野の特徴でもある午後の強い風に葺かれることもなく、
本当に無事平穏に終了することが出来、運営スタッフ一同ホッとしています。

とくに来場いただいた方の様子なのですが、
今年はとくに小さなお子様を連れたご家族での来場がとても多く、
一部分だけ切り取って観察してみると「子供向けイベント?」と思えるほどに
子供たちの姿が目立っていました。
また地元の小学生の子たちなどは放課後の遊びや図書館利用で
日頃通い慣れている校区内の施設が会場ということもあって
子供たちだけで会場内のブースを見て回っている姿もあったりして。
この傾向は昨年あたりから目立ち始めてきていたのですが、
今年はその傾向がより顕著になって来ました。
子供たちが元気に駆け回るマーケットって活気があっていいものです。

ただ、規模が過去最大になったということで、課題点もまた過去最大に
目立ってしまったというのも、運営側としては大いなる反省材料。
いつも少数のスタッフで、手弁当よろしくのんびりと企画活動しているのですが、
今年は運営スタッフみんなそれぞれ多忙な状況が続いていて、
加えて昨年までの実績を遥かに超える出店希望を頂戴したこともあり、
事前の準備や出店受付などでバタバタと不手際も生じたりしまして。

とくに出店者数、来場者数ともに過去最大となった一方で
事前告知がまだまだ不十分で、近隣の穂高のまちなかでも
イベントのお知らせがしっかり行き届いていないとか、
HPなどでのお知らせが分かりづらいとか、
とくに広報の部分で多くの方からご指摘を頂戴しました。

次回は今年の反省をきちんと踏まえてしっかりと準備を整えて、
出店者にも来場者にも、もっと交流を楽しんでもらえるように
仕掛けをきちんと作ってゆきたいと思っています。

といっても、安曇野さんぽ市の最大の特徴は
「型にはまらない、ゆる~い空気の流れる交流広場」であること。
運営をしっかりしようするあまり、ギスギスした感じにだけはならないよう
自由な空気を大切に守って行けるよう、いろいろ考えて
アイデアを出し合って続けて行けるようにしたいと思います。

次回は例年通り「安曇野さんぽ市2015秋」ということで
穂高神社北神苑にて開催予定となっています。
日程は10月17日(土)~18日(日)の二日間。
春とは違って秋の心地よい涼風に吹かれながらのさんぽ市も
ぜひお楽しみにしていてください。

改めまして、ご出店&ご来場のみなさま、
ありがとうございました。
また次回秋開催、そして来年春の開催ともども、
よろしくお願い致します。

以下、二日間の会場の様子。
Sanpoichi2015spring1

Sanpoichi2015spring2

Sanpoichi2015spring3

Sanpoichi2015spring4

Sanpoichi2015spring5

Sanpoichi2015spring6

Sanpoichi2015spring8

Sanpoichi2015spring9

Sanpoichi2015spring10

Sanpoichi2015spring11

Sanpoichi2015spring12

Sanpoichi2015spring13

Sanpoichi2015spring14

Sanpoichi2015spring15

Sanpoichi2015spring16

|

2015年2月 2日 (月)

厳寒の美しい安曇野の景観

久しぶりのブログ更新、失礼しておりました。

安曇野はいま冬のまっただなか。
毎日寒い日が続いています。

ここ数日、早朝の最低気温がマイナス10度前後まで下がる日が続き、
一度降り積もった雪もなかなか簡単には溶けてくれません。

もっとも、道路については降った直後でなければ
一日晴れさえすればすぐに乾燥して車の通行に支障なく、
日陰の終日凍結した場所さえ気をつければ
安曇野市内の車移動は大きな問題もありません。

さすがに観光はオフシーズンの雰囲気で
街中を歩く人や山ろくの温泉郷でも県外ナンバーの車を
見かけることは少ない状況ですが、
それでも白馬方面へスキーで行かれた方などを中心に
途中安曇野に立ち寄って遊んでいかれる方もいらっしゃるようです。

あとは穂高温泉郷には心地よく滞在できる旅館やロッジが
この期間も宿泊客をおもてなししています。
厳冬の今だからこそ温泉にゆったり浸かって
日ごろの疲れを癒して心身ともにリラックスしたいものですね。

冬の安曇野は確かに寒いです。
でもそんな時だからこそ見られるすばらしい眺望景観もあります。
白銀のアルプスはこの時期に来て見ないと味わえない感動があります。

201502021

201502022 201502023

201502026 201502027

201502024

白鳥の行き交う姿を望めるのもこの時期ならでは。
今はたくさんの白鳥ファン、写真愛好家が白鳥の飛来地を訪れ、
彼らの美しい姿を愛でているところです。

201502028 201502029

あと少し寒さも続くと思いますが、
冬の安曇野の楽しさもぜひ味わってみてはいかがですか。

201502025

|

2014年12月 5日 (金)

安曇野神竹灯

竹灯篭のほのかな灯りを点すイベント、安曇野神竹灯(かみあかり)。
201412052

201412051

201412054

すっかり冬の安曇野の恒例行事となった感がある同イベントは、
くらとま(安曇野で暮らすように泊まる実行委員会)という
宿泊施設関係者のグループが主催しているもので、
灯りの点灯には市民団体や学校の生徒さんなど、
一般市民も参加して楽しまれています。

これは大分県竹田市で始まった竹灯篭のイベントを参考にしたもので、
同地方の豊玉姫命と安曇野の穂高見命が兄弟神(姉と弟)という所縁から、
竹田の竹を安曇野に譲り受けて始められたものです。

竹灯篭の数は年々増加していて、今年は6000本だそう。
初日となった今日は風が少しあって点灯にはちょっと苦労。
それでも辺りがすっかり暗くなるころにはいい感じで灯されました。

安曇野百選プロジェクトが主催する、まほらランタンを使用した
「みちあかり」のイベントも今日明日の2日間で同時開催。
201412055

201412056

神竹灯のほうは今日から7日(日)まで3日間の開催です。

会場の一角でろうそくを地面に並べて文字を作っていたのは
地元の穂高商業高校の生徒たち。
201412053
学校が今年創立100周年となるようで、その記念に作っていたみたいですね。

今日は途中から雪が降り始めてランタンの灯りが消えるなど
ちょっと大変でした。明日は晴れるといいなと思います。

201412057

201412058

201412059

2014120510

|

2014年11月 7日 (金)

晩秋の安曇野は濃い霧のなか

安曇野スタイル2014も無事閉幕し、
安曇野地方はいよいよ晩秋の最終局面を迎えようとしています。

悪天候の日もありますが、今年の秋は比較的
好天日の多いような気がします。
気温も上がったり下がったりとはいえ、
やはり10月下旬頃からは朝晩の冷え込みに対して
暖房器具が通常運転を始めている家庭や職場も多くなったようです。

そんな秋深い安曇野は、天気の良い明け方ともなれば
放射冷却の影響で気温がぐんと下がり、
標高の低いエリアを中心に濃い霧が一面に立ち込めます。

例年9月半ば頃から12月初旬にかけてそうなる場合が多く、
つい先日も市内のかなりのエリアが深い霧に包まれました。

田んぼや湧水の水路なんかはこんな様子。
201411071

201411072

201411073

蓼川の水車小屋も、少し離れると水車の様子も見えにくいほど。
201411074

201411075

そしてこんな濃い霧の立ち込める朝となると、
期待して出かけてみたくなるのが長峰山です。

標高933mの、信州のなかでは低山に属す里山ですが、
北アルプスと安曇野の平野を一望できるビューポイントとして有名なここ、
この濃霧の早朝は素晴らしい雲海の様子を見ることが出来るのです。
201411076

1000mに満たない場所でも、まるでアルプスに登っているかのような
錯覚に陥ったりするほど、その眺望は素晴らしいのひと言。

この撮影日はアルプスの真っ赤な朝焼けは見られませんでしたが、
朝日の昇り方がよければ雲海と朝焼けのコラボが体感できます。

201411077

201411079

安曇野のランドマーク常念岳から遠く白馬三山まで。
寒いなかですのでほっこりと暖かな服装で準備万端整えて
明け方の長峰山雲海&朝焼け鑑賞に訪れてみてください。

201411078

なお、長峰山への主要車道ルートは冬季閉鎖の期間があります。
通行可能日程など詳細は安曇野市観光課などへ御問合せください。

|

2014年10月31日 (金)

安曇野スタイル2014、始まりました

今年も安曇野スタイルが始まりました。

今回も当然ながらクラフトショップ安曇野も参加していますが、
今年はなんと駅前通りのショップだけでなく、サブ会場を用意。

穂高温泉郷から中房温泉へと向かう道から入った森の中に立つ一軒家。
以前「摘み草」というお宿のあった建物にて
ショップに参加している作家たちの共同特別展を開催しているのです。

会場は広く、展示作品もなかなかボリュームのある内容となっています。

今年の安曇野スタイルを見て巡る予定の皆さん、
初登場の会場なのでちょっと気づきにくいかもしれませんが、
有明山神社から中房温泉方面へ少し走った先を右に折れると
すぐにあるので問題なくたどり着けます。
案内看板も出ていますので、ぜひお気軽にお立ち寄り頂ければと思います。

展示は最終日の11月3日までやっています。
ぜひぜひ!(^^)v

201310311

201310312

201310313

201310314

201310315

201310316

|

2014年10月30日 (木)

秋深まる安曇野

10月も間もなくおしまい。

標高500~700に平地が広がる安曇野は
ここ数日の明け方は冷え込みもけっこうあり、
一昨日の朝はとうとう最低気温が氷点下となりました。

放射冷却の厳しい朝などは霧が発生して、時には9時ころになって
やっと薄明るくなってくるほど濃い霧となることもしばしば。
201410308

ただ、好天に恵まれた日の昼間はまだまだ暖かく穏やかで、
しかしながら空気がとても澄んでいるため、
遠く白馬連峰の雄姿までもハッキリと望むことができています。
201410301

201410302

湧水の水路も相変わらず清涼感たっぷりで、
大豊作といってもいい柿の木の様子も市内各所で見られます。
201410304

また今は旧国鉄篠ノ井線廃線敷きでは
沿線に植えられた3万本のケヤキが色づきのピークとなり、
週末など大勢のハイカーでにぎわっていて、
次の連休あたりで少し天気が崩れそうな気配もあり、
今週末が見頃の最後くらいになるかもしれません。
201410305

201410306

そしていよいよ明日10月31日より11月3日まで、
市内各地で安曇野スタイル2014が開催されます。
201410307

クラフトアートを中心に安曇野らしい生活スタイルの
情報発信と交流を目的とした同イベントも
初開催年から数えて今年で早や10周年を迎えました。
私たち安曇野案内人倶楽部もクラフトショップ安曇野として
例年通り参加しています。

今年は穂高駅前通りのショップに加え、
穂高温泉郷の一角にある建物(旧「摘み草」)を利用させて頂き、
サブ会場として展示開催することになっています。
詳しくは安曇野スタイルネットワークのHPなどご覧いただき、
ぜひ期間中にいろんな交流と体験をお楽しみいただければと思います。
天気が心配ですが、なんとか最終日まで好天であって欲しいですね。
201410303

安曇野スタイルの出展内容、会場案内その他は
下記ウェブサイトにて。

安曇野スタイルHP

クラフトショップ安曇野Facebookページ

|

2014年10月20日 (月)

安曇野さんぽ市2014秋、無事終了ですm(__)m

好天に恵まれた週末、手しごとの交流マーケット
「安曇野さんぽ市2014秋」が穂高神社境内にて行われ、
盛況のうちに無事閉幕いたしました。

何度も書きますが、今年はホントに最高の天気に恵まれまして、
早朝の準備段階ではさすがに冷え込みがあったものの、
穏やかな秋の陽が会場に差込み、
また二日間通してほとんど風に吹かれることもなく、
出店者も来場者ものんびりまったりと楽しむことができました。
(終日日陰になってしまったブースの出店者は冷えがきつくて申し訳なかったですが。)

50組ほどの参加者となる春開催に比べ、
これまで秋は毎年どちらかといえばこじんまりした感じでしたが、
今年は45組の出店組数と、秋としては過去最大規模となり、
ブース設営エリアもみんな譲り合いで調整に苦心する場面も。

また来場者数も今年は開始から終了まで人の流れが切れず、
多くの方に楽しんでいただけたようで、うれしかったです。

運営側としてはもちろん課題も多々あり、
ドタバタして迷惑をかけた点もあり反省も出ましたが、
来年度以降の運営進行に活かしてゆきたいと思います。

来年春の開催は2015年5月23日(土)~24日(日)の2日間。
会場は毎度おなじみ穂高交流学習センター「みらい」で予定しています。
ますますバリエーションに富んで賑やかさと楽しさ、
そしてのんびりまったり感覚が増し続ける安曇野さんぽ市を、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

20141019sanpoichi1

20141019sanpoichi2

20141019sanpoichi3

20141019sanpoichi4

20141019sanpoichi5

20141019sanpoichi6

20141019sanpoichi7

20141019sanpoichi8

20141019sanpoichi9

20141019sanpoichi10

20141019sanpoichi11

20141019sanpoichi12

20141019sanpoichi13

|

2014年9月27日 (土)

穂高神社例大祭、お船祭りでした♪

今日、9月27日は穂高神社の例大祭“お船祭り”でした。

旧暦の9月27日の話ですが、
安曇野の由来となっている安曇族の祖先である安曇比羅夫が
死亡(白村江の戦いで戦死)した命日とされていて、
それにちなんで毎年9月27日を穂高神社の例大祭としています。

26日は宵祭りということで、神事が拝殿や神楽殿などで行われるなか、
祭りの必需である露店が境内に軒を連ね、多くの人出で賑わっていました。

201409261

201409262

201409263

201409264

本祭日も朝から好天に恵まれ、
今年は土曜日となってこともあって参拝の人出も多く、
お船を見学する人もいい写真を撮ることができたのではないでしょうか。

一年に一度の例大祭も無事終了。

安曇野はいよいよ秋本番です。

201409271

201409272

201409273

201409274

201409275

201409276

|

2014年9月17日 (水)

満願寺方面、道路通行止めのご案内

観光関連道路の通行止めについてのお知らせです。

安曇野の西山山麓にたつ、栗尾山満願寺。
201409176

201409177

古代よりの由緒ある真言宗の古刹として、
また江戸時代の観光ガイドブックとしても名高い
十返舎一九の「続膝栗毛」にも登場した名刹として有名な寺ですが、
その満願寺へと通じる道路が現在工事による通行止めとなっており、
迂回路を利用して参詣いただくようになっています。

201409171_2

通称「山麓線」の草深地区より西へ向かって坂道を上がるのが通常ですが、
迂回路は当該の交差点より南へ約100mほど走った、
川窪沢川の脇から西へと向かう道より進入することになります。

201409172_2

その道をひたすら約1kmちょっと上っていくと、
穂高悠生寮という施設の手前で右折。

201409173_2

201409174

交差点の脇にはかつての栗尾道(参詣道)だった名残らしき
古い道標も立っているので安心(?)。

そしてそのまま道なりに走ると本来の参詣道路に鋭角にぶつかります。

201409175_2

最初の通行止め看板が立っている場所には
いま(9月17日午後3時現在)はまだ迂回路案内が出ていませんので、
現地に向かわれる予定のある方はご注意ください。

ちなみに工事予定期間は、
9月16日~来年2月10日までとなっているようです。

多少遠回りになる以外、普通乗用車の通行は支障ありませんが、
団体旅行で同寺参詣を計画されている方はご注意ください。
もともと大型バスの通行は出来ない場所なので、
現地付近で小型バスに乗り換える計画などであるかと思いますが、
迂回路は非常に厳しい鋭角の曲がり角などもあり、
マイクロバス規模でも通行は厳しいかもしれません。
予め運行会社などに通行可否について確認されることをお勧めします。

詳しくは安曇野市観光交流促進課(0263-82-3131)、
または安曇野市観光協会(0263-82-3133)まで、お尋ねください。

|

より以前の記事一覧