おひさま

2011年11月29日 (火)

おひさま道祖神のお賽銭の話題がとうとう新聞に載りました

ドラマ「おひさま」の市内各所に点在するロケ撮影場所のうち、
既存物ではなく撮影のために造られたセットが現存するのは
堀金岩原地区に残された道祖神と茅葺小屋のセットのみ。
201111291

ドラマ放送中も放送終了後も、これまで数多くの人々が訪問し、
晩秋から冬に差し掛かったこの時期でも観光客が訪れている
有名観光スポットのひとつになったポイントなのですが、
実はここの道祖神にお賽銭が置かれるという状況がずっと続いていて、
今日の地元新聞紙上でついにそのことについての記事が掲載されました。

これまでの合計額でおよそ1万5千円ほどになるそうです。
多くが1円玉や5円玉で、なかには500円玉も混じっていたらしく、
私も現地ではお賽銭の話を交えてガイドを行ってきましたが、
正直なところ金額が“万”を超えているとは思っていませんでした。

2体の道祖神それぞれの“前で”に、平たい石が据えられて
供物を捧げることが出来るようなしつらいにしてあるのですが、
それが賽銭を置くための格好の場所になっているため、
賽銭箱がなくてもみなさん置いていかれるようなのです。

ときにはお花が供えられていることもあるのですよ。

ドラマ撮影用とはいえ、地元の石材屋さんがしっかり作り上げた
リアルな道祖神ですし、説明がないと昔からここにあったものと
思われる訪問者もいらっしゃるほどなので、賽銭もありかなと。

なにより、道祖神は旅人の守り神様でもあるわけですから、
観光で訪れた方が道中の安全を祈願するのは自然な行為ですし、
けっこうなことではないかと、私などは思ったりもしています。

ちなみに上述の金額は安曇野市が警察に相談し、
遺失物扱いにはならないことを確認した上で、
「おひさまからの義援金」として東日本大震災の被災地に
寄付されることになりました。

皆さんのなにげない思いが、ささやかながらも
震災復興の一助になればと願ってやみません。
201111292
(道祖神の“マエで”に据えられた石に賽銭が…。)

|

2011年11月25日 (金)

ドラマ“おひさま”の裏話講座(?)とガイドの話

ドラマ“おひさま”については多くの地元住民にとっては
今年の最大関心事のひとつに違いなかったわけですが、
観光業とは直接関係がない人たちでも、、、否、だからこそかもしれませんが、
ロケ撮影の裏話とか、そういう類はけっこう興味あるものですよね。

今日はシルバー人材センターの主催による
『「おひさま」ロケ支援と観光ボランティア』と題した講座がありまして、
午後から市内某所の会場まで少し出かけてきました。

201111251

201111252


講師は私ではなく、このドラマのロケ支援をずっと行ってきた
安曇野市ブランド推進室のスタッフのお兄さん。
ドラマの制作発表よりずっと以前から制作関係者の現地下見調査が
続けられていて、スタッフの彼は縁の下の力持ちとして
調査に協力し、また制作発表があった後は実際のロケ撮影隊の
現地支援を行ってきました。

今日の講座のなかで話されたこと以外にも
けっこう大変だった裏話もあったようですが、
ここで書くのは遠慮しておきますね。。。

で、私が講座に出向いた理由は観光ガイドを行っている側の
仕事の内容とか考え方とか、そういうものを話して欲しいということで、
短時間のお話でしたが案内人倶楽部の立ち位置とか
今後の方向性などをかいつまんでトークしてきた次第です。

あまりに短かったので十分お話できなかったのが残念でしたが、
皆さん熱心に聞き入ってくれていた様子で、
地元の方にもガイド=現地案内人という職業に対する関心が
以前にも増して高まっているのかなと、そんな印象を受けました。

先日もうちの代表がガイドについての講義を依頼されましたし、
これからは観光ガイドとしてのそれだけでなく
ガイドとはなんぞや、というジャンルの話術も磨かなくてはいけなさそうです。

|

2011年9月 1日 (木)

ドラマ「おひさま」のロケセット、設置期限について

NHK連続テレビ小説「おひさま」の舞台、安曇野。
ドラマの撮影に使用されたロケ地は市内各所に点在していますが、
そのうち2箇所に残るロケセットの建物の設置期限が延長されました。


「現代の陽子の営む蕎麦店のセット」(大王わさび農場敷地内)
……本年10月1日、ドラマ放送終了まで。

20110901_3


「道祖神と茅葺き小屋のセット」(国営アルプスあづみの公園事業用地内)
……平成25年3月31日まで。

20110901_4


予定期日が過ぎましたら順次解体予定となっていますが、
当該期限は諸般の事情で変更される可能性もありますので
予めご了承くださいませ。


ドラマの放送もいよいよ残りあと一ヶ月。
ロケ地巡りをお考えの方、せっかくの機会ですので
セットの残る間にぜひ安曇野をお訪ねください。

|