« 安曇野あるく路、始まりました。 | トップページ | 安曇野で「案内人の教室」 »

2015年5月25日 (月)

安曇野さんぽ市2015を終えて

安曇野案内人倶楽部が主催する手しごとの交流マーケット
「安曇野さんぽ市2015」が5月23日~24日の二日間の日程で開催されました。

今年で早や4年目となる交流イベントですが、
おかげさまで今回は過去最多を更新する72組の出店者に参加いただき、
おおぜいの方にご来場いただくことが出来ました。

直前の予報で少し心配だったお天気も幸い両日とも好天に恵まれ、
例年だと安曇野の特徴でもある午後の強い風に葺かれることもなく、
本当に無事平穏に終了することが出来、運営スタッフ一同ホッとしています。

とくに来場いただいた方の様子なのですが、
今年はとくに小さなお子様を連れたご家族での来場がとても多く、
一部分だけ切り取って観察してみると「子供向けイベント?」と思えるほどに
子供たちの姿が目立っていました。
また地元の小学生の子たちなどは放課後の遊びや図書館利用で
日頃通い慣れている校区内の施設が会場ということもあって
子供たちだけで会場内のブースを見て回っている姿もあったりして。
この傾向は昨年あたりから目立ち始めてきていたのですが、
今年はその傾向がより顕著になって来ました。
子供たちが元気に駆け回るマーケットって活気があっていいものです。

ただ、規模が過去最大になったということで、課題点もまた過去最大に
目立ってしまったというのも、運営側としては大いなる反省材料。
いつも少数のスタッフで、手弁当よろしくのんびりと企画活動しているのですが、
今年は運営スタッフみんなそれぞれ多忙な状況が続いていて、
加えて昨年までの実績を遥かに超える出店希望を頂戴したこともあり、
事前の準備や出店受付などでバタバタと不手際も生じたりしまして。

とくに出店者数、来場者数ともに過去最大となった一方で
事前告知がまだまだ不十分で、近隣の穂高のまちなかでも
イベントのお知らせがしっかり行き届いていないとか、
HPなどでのお知らせが分かりづらいとか、
とくに広報の部分で多くの方からご指摘を頂戴しました。

次回は今年の反省をきちんと踏まえてしっかりと準備を整えて、
出店者にも来場者にも、もっと交流を楽しんでもらえるように
仕掛けをきちんと作ってゆきたいと思っています。

といっても、安曇野さんぽ市の最大の特徴は
「型にはまらない、ゆる~い空気の流れる交流広場」であること。
運営をしっかりしようするあまり、ギスギスした感じにだけはならないよう
自由な空気を大切に守って行けるよう、いろいろ考えて
アイデアを出し合って続けて行けるようにしたいと思います。

次回は例年通り「安曇野さんぽ市2015秋」ということで
穂高神社北神苑にて開催予定となっています。
日程は10月17日(土)~18日(日)の二日間。
春とは違って秋の心地よい涼風に吹かれながらのさんぽ市も
ぜひお楽しみにしていてください。

改めまして、ご出店&ご来場のみなさま、
ありがとうございました。
また次回秋開催、そして来年春の開催ともども、
よろしくお願い致します。

以下、二日間の会場の様子。
Sanpoichi2015spring1

Sanpoichi2015spring2

Sanpoichi2015spring3

Sanpoichi2015spring4

Sanpoichi2015spring5

Sanpoichi2015spring6

Sanpoichi2015spring8

Sanpoichi2015spring9

Sanpoichi2015spring10

Sanpoichi2015spring11

Sanpoichi2015spring12

Sanpoichi2015spring13

Sanpoichi2015spring14

Sanpoichi2015spring15

Sanpoichi2015spring16

|

« 安曇野あるく路、始まりました。 | トップページ | 安曇野で「案内人の教室」 »

安曇野NOW」カテゴリの記事