« 小学校、“秋の学校”のガイド活動でした | トップページ | 先週は御船祭りが開催されました »

2013年9月14日 (土)

観光ガイド講習2013、始まってます

昨年に引き続き、本年度も観光ガイド講習を実施することになり、
すでに今週から講座がスタートしています。

201309141

これは長野県シルバー人材センターが主催の
シニアワークプログラムの一環として行われるもので、
私たち安曇野案内人倶楽部が委託を受けて開催。
安曇野エリアでの実施は今年で2回目となります。

20名の受講生が現在、観光ガイドの心構えのレクチャーを受けたり、
安曇野観光について意見を出し合うワークショップを実施したり、
まだ現在は3日目を終了したところで今のところ座学が中心ですが、
非常に中身の濃い講座内容が進行していて、これからは
いよいよ受講生がガイド役を演じる実技演習が始まります。

観光ガイドというと、とかく歴史や文化関係の知識に重きを置かれがちですが、
じつはそうした知識量というのはガイドを実践するにあたっては
さほど重要なものではありません。

まず何より必要なものは、自分たちの暮らす“まち”に対する愛情と誇り。
おらほのまちを人々に知ってほしい、伝えたいという情熱と、
逆に言葉の押し付けにならずにゲストに楽しんでもらえる技術と才能。
そしてなにより、まちをより良くしたいという思いとその実戦。

それらを磨くために大切なのは、自分の足でまちを歩き、
目に見えるものもそうでないものも、自分の肌で感じとる行動力です。

講座では「観光ガイドは地域活動である」とレクチャーしていますが、
地域活動を実践することで得た“様々な何か”もまた
ガイドの現場では欠かすことの出来ないネタになります。

私たち安曇野案内人倶楽部は
ゲストから料金を頂いて活動する有償ガイドです。
「ボランティアだから」などという甘えは一切許されません。
観光ガイドはエンターテイメントであり、
案内人は安曇野という舞台を背景に演じる
エンターテイナーなのです。

日々のガイド活動では失敗もありますが、
ひとつひとつ自己研鑽を積み重ねながら、
訪れるゲストに安曇野を楽しんでいただけるよう心を配り、
また安曇野へ再び足を運んでいただけるよう、
頑張ってゆきたいと考えています。

現在、昨秋に実施したガイド講習の一期生のうち
数名のメンバーが今年案内人としてデビューを果たしており、
サポートメンバーという名の研究生から順次正規案内人へと
昇格してもらう段取りになっています。
今年の二期生たちのなかからも、たくさんの安曇野案内人が
デビューしてもらえることを期待しています。

201309147

201309142

201309146

201309144

201309143

201309145

|

« 小学校、“秋の学校”のガイド活動でした | トップページ | 先週は御船祭りが開催されました »

ガイド活動」カテゴリの記事