« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月28日 (金)

「未来につなぐふるさと安曇野」講座はじまります

一昨年よりスタートした、「安曇野検定」。

その準備対策講座が毎回の検定前に開催されて来ましたが、
今年度もまた装い新たに(?)開催されることになりました。

当初は毎冬に実施される検定対策用の趣が強いものでしたが、
昨年は検定を受ける予定がなくて講座のみ受講するという人も
けっこういたようです。

今年は講座内容も見直しを進めていて、検定対策というよりも
安曇野雑学講座の色が強いものになっている感じなので、
受講するだけでも楽しいのではと思います。

まあ、せっかくなので最後は検定にチャレンジしてみるのも
楽しい思い出になるかも(^^)

講座は7月10日の第1回を皮切りに、10月18日の第10回まで。
毎回、平日夜に開催されます。

ちなみに今年の講座では、
安曇野案内人倶楽部も講師陣として初参加。
10月9日(水)第9回、タイトル「安曇野を案内する」。
案内人のガイド経験を通じて知る安曇野の魅力と
意外?な楽しみ方の入門編として講義いたします。

詳しくは安曇野市のホームページへ
↓ ↓ ↓
「未来につなぐふるさと安曇野」講座 (安曇野検定準備講座)

全講座通じた受講でなくても、単独回の受講も可能です。
関心のある講座だけでもいいと思いますので、
気になる方はぜひご参加を!

201110081

|

2013年6月23日 (日)

他地域のガイドさんたちの研修も応対いたしております

先週火曜日の話ですが。

飯山市で観光ガイドを行っている
飯山市観光局の職員とガイドさんたち十数名の方が
ガイド研修ということで安曇野を訪れてくださいました。

午前中は安曇野のまちなかを散策。
午後は池田町方面に向かわれるとのこと。

安曇野案内人倶楽部では市観光協会から依頼を受けて
飯山市のご一行様を2時間のガイドでご案内。

安曇野の代表的ガイドエリアとしては
水辺の散策や道祖神巡り、廃線敷きなどが
最近の人気コースになっていますが、
飯山市のガイドとなるとほとんどがお寺の集中する
まちなかになるらしいので、今回の研修ガイドコースも
穂高の旧市街エリアを散策することにした次第。

いつもゲストにしているのと大差ない普通のガイドを
させて頂きましたが、なにか感じるところがあったのなら幸いです。

こうして他地域のガイドさんもブラッシュアップしようと
研修を行っていることに私たちも身の引き締まる思いです。
自分たちもどこかに研修に行きたいなと思いました。
Cimg7413

Cimg7416

Cimg7420

Cimg7423

Cimg7424

Cimg7426

|

2013年6月 5日 (水)

おすすめビューポイント(ごほーでん編)

先日梅雨入りした安曇野地方。

しかし梅雨入りの発表があった後は
お約束のような好天日が続いております。
こういうの、よくありがちな展開ですが、
まあ連日雨続きというのも嫌ですからね。
もちろん、この時期の降雨は農作物の成長をはじめ
絶対的に必要なものなのですけどね。

さて、本題。
久しぶりの、おすすめビューポイントの紹介です。

201306041_3

“民宿(そば処)ごほーでん”の展望台。

大王わさび農場の近く、万水川のほとりに建つ、
古民家を移築再生した商業店舗ですが、
その最上階部分が展望台として改装されていて、
そこからの眺めがとても素晴らしいのです。

201306049_3(展望台内部)

201306045_3(白馬方面)

201306046_3

地上およそ10数メートルの高さから見る風景は、
山の上から眼下に見下ろすような印象とも違い、
また地上に立って望むのとも雰囲気が異なる高さがいい感じです。

とくに万水川のおだやかな流れとその奥に広がる田園風景、
そして背景としての北アルプスの山並みという三点セットを
絶妙のバランスのなかに望むことができます。

2013060410_7

1階が食堂エリアで2階以上が宿泊施設。
別棟もあり、観光とビジネスの両方で人気の高いお宿です。
2階のお風呂も展望浴場なので、お湯に浸かりながら
田園風景とアルプスの景色が楽しめるようになっています。

眺望を求めてお宿探しをしている方にはおススメですよ。
農家民宿ごほーでんHP

201306047_3(田んぼでのんびりなサギたち)

201306048_7(市街地方面、穂高神社の鎮守の森)


より大きな地図で おすすめビューポイント(ごほーでん編) を表示

|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »