« 暑い一日でした | トップページ | 8月の始まりは、夏らしい風景が広がってます。 »

2012年7月30日 (月)

盛夏の安曇野、水田は出穂期に入りました。

しばらくブログをご無沙汰している間に梅雨が明け、
安曇野も真っ当な盛夏の暑さが続くようになりました。

とくにここ一週間ほどの昼間は35度前後まで気温が上がり、
全国レベルで見てもひけをとらない暑さとなっています。
なにせ信州で爽やかに過ごしたい観光客の皆様が、
長野駅や松本駅に新幹線や特急で到着したのち、
ホームに降りた開口一番の言葉が「暑っ!!」ですから(^_^;;

安曇野観光は田園風景や清らかな水辺の散策が人気ですが、
この時期にロングトレイルするのは正直なところかなり厳しいです。
無理をせず、のんびり気分でマイペースに、
安曇野の美味しい水で水分補給をしっかりと確保しつつ
ゆったりと安曇野散策をして頂ければと思います。

でも、標高が“なから(=だいたい)”600m前後の安曇野は、
日陰や建物のなかに居て風が流れてくれさえすれば
それだけでじゅうぶん心地よくしのげる空気感があります。
夜も熱帯夜になることは例年ほとんどなくて、
蒸し暑いという日でも窓を適度に開けておけば
普通に眠ることができる状態だったりします。
そのへんが安曇野のストロングポイントかもしれませんね。

そんな安曇野では水田の緑がとても美しい時期。
早い田んぼではすでに出穂しているところもあります。
開花もこれからどんどん進んでいくことでしょう。

201207291

201207292

そして稲穂の広がる水田の上空ではほぼ毎日のように
“はたた神(かみなり様)”が夕刻になると雷鳴をとどろかせています。
落雷の影響か、昨晩も安曇野の一部エリアで停電になったりもしました。

まあ、この時期は一度や二度くらいこういうこともありますね。
ちょうど稲穂が出る時期と雷の鳴り響きやすい時期が重なるからでしょうか。
古来から雷のことを稲光といいますよね。
これは雷が稲穂を育てるのだという由来から来ているのだそうですね。

安曇野の穂高は今週末に納涼祭が行われます。
夏真っ盛りの安曇野を楽しみましょう。

|

« 暑い一日でした | トップページ | 8月の始まりは、夏らしい風景が広がってます。 »

安曇野NOW」カテゴリの記事