« 安曇野は夏蕎麦の花が満開です | トップページ | 倶楽部カフェ、オープンしました »

2012年7月10日 (火)

おすすめビューポイント(蓼川水車小屋編)

“ビューポイント”のカテゴリーでは穴場的スポットを紹介して来ましたが、
そうはいってもやはり外せないメジャースポットもありまして。

蓼川の水車小屋。

201207101

ごぞんじ、黒澤明監督の映画「夢」に登場した水車と水辺の風景です。
平成2年(1990)公開のこの映画は8つの短編で構成されたもので、
この安曇野の舞台は最終話「水車のある村」の舞台で登場しました。

映画のロケセットとして川辺に設けられた水車小屋などは
築造されてまだわずか20数年。
でも、まるでずっと昔からこの場に佇んでいたかのような錯覚を
見る人に起こさせてしまうほど風景に馴染んでいます。
安曇野、数年前までは旧穂高町の代表的観光ポイントとして
ポスターやガイドブックなどに採用され、
安曇野観光の象徴的存在といって過言でないほどの場所で、
私たちもガイドでこのロケ地の紹介をする機会も多いのですが、
これが映画のセットであることをご存知でない方もけっこういらっしゃって。
現存するのは当時8つほど作られたセットのうち、3棟の水車小屋です。

なんにしても、所詮映画のセットと侮るなかれ、ということでしょうか。
撮影用の大道具でも、そこに元から存在する風景をきちんと読み取り、
しっかりと作り込まれたものであれば、優れた景観の構成要素として
その後に生き続けられるという良い見本ではないでしょうか。

ちなみにこのビューポイントでの水車小屋鑑賞と写真撮影は
早朝の時間帯がおすすめです。
観光客もまだ訪れておらず、
また夏季の昼間に運営されているクリアボートの遊覧も時間外なので
自然な風景のなかにある水車小屋の様子を楽しみたい方は
朝早く訪れてみるといいと思います。

201207102
(蓼川と万水川の合流地点より下流。自然な川辺の風景がたまりません。)

201207103
(水車小屋を蓼川上流側より。最近はこのポイントからの眺望が人気です。)


より大きな地図で おすすめビューポイント(蓼川水車小屋編) を表示

|

« 安曇野は夏蕎麦の花が満開です | トップページ | 倶楽部カフェ、オープンしました »

ビューポイント」カテゴリの記事