« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月23日 (土)

新しいチラシが出来上がりました

安曇野案内人倶楽部の新しいチラシが出来上がり、
今日、印刷会社から手元に到着しました。

201206231

デザインは前回バージョンを踏襲していますが、
新たにクラフトショップの案内を追加しまして、
なにより事務局がショップ内へ移転したことで
住所や電話など連絡先が新しくなっています。

ずっとご案内している通りですが、
私たち安曇野案内人倶楽部は単なる観光ガイド団体ではありません。
この地を訪れる旅人と地域住民、そして地域住民同士、
いろんなかたちの交流をサポートすることが本質的な活動内容です。

クラフトショップの運営も、安曇野で活躍する作家さんたちのPRの場であり、
そうした作家さんと使い手の人との交流を目指しているものです。

チラシ自体はちっぽけでなんの変哲もないものですが、
この紙切れ一枚がきっかけになって、いろんな形の交流が
生まれることを期待している私たちです。

|

2012年6月22日 (金)

「ふるさとウォッチングin安曇野」、参加締め切り間近です

「第15回ふるさとウォッチングin安曇野」。

NPO法人信州ふるさとづくり応援団安曇野支部が企画する
ガイド付きウォーキングツアー。
毎回好評のイベントは次回、7月1日(日)に行われます。

今回のコースは安曇野市南穂高の重柳地区。
安曇野わさび田湧水群として名水百選に選ばれた
安曇野が誇る清らかな湧水の源ともいえるエリアで、
私たちの観光ガイドでもこのところ頻繁に往来している場所です。

また重柳という集落は地域の伝統的な本棟造の民家が数多く残り、
幾多の敷地の屋敷林が複層的に連なっていることから、
平地にあってひとつの森のように見える集落となっています。

このイベントには安曇野案内人倶楽部も協力しており、見どころも沢山。
とくに普段のガイドでは立ち入ることの出来ない、
わさびのハウス栽培の内部や、一般民家の内部などにも
特別に許可を頂いて見学させていただくことになっています。

その他、安曇野の里の一角にある田淵行男記念館の見学や、
ウォーキング終了後にはこのイベント恒例となっている
ぬかくどで炊いたごはんのおにぎりをみんなで食べたり、
いろんな楽しみがあります。

まもなく締め切りとなりますが、まだ少し空きがあるようです。
お申込みお問合せは、ふるさとづくり応援団安曇野支部の事務局まで。
梅雨の合間の晴れ渡る青空のもと(←過去雨天中止の例はありません)
ふるさとの魅力の再発見に参加してみませんか?

NPO法人信州ふるさとづくり応援団安曇野支部HP

201206221

201206222

201206223

|

2012年6月20日 (水)

新企画の打合せでした

昨日は朝からクラフトショップで臨時ミーティング。
20120620
ショップオープン以来待望していたミニカフェが
いよいよ7月より開設されることになりました。

昨日は役員とカフェ担当スタッフが集まっての打合せ。
保健所などの諸手続きも問題なく完了し、
いまはカフェ運営の細かな部分を詰めているところです。

カフェといっても店舗の規模などから座席数もこじんまりした感じになりますが、
まちあるきの途中でちょっと一息つけるお休み処として
活用してもらえればいいなと思っています。
テイクアウトもできるように考えているところです。

オープンは来月半ば頃予定。
詳細は改めてご案内できるかと思います。
乞うご期待!

それと、ミーティングでは「安曇野さんぽ市」についても打合せを行いました。
大変好評だった5月のさんぽ市は、計画通り引き続き来年も行います。
そして今年の秋、趣向を少し変えた形で、
さんぽ市秋バージョンを実施する方向で現在調整中です。
開催要項をまとめあげて、近日中に実施発表できるようにしたいと思っています。
こちらもご期待ください。

|

2012年6月13日 (水)

梅雨入りした安曇野、でも今日は五月晴れ

先週末頃より雨模様が続いて、いよいよ安曇野も入梅です。
気温もこの時期としては冷え込みの感じられる日が続いていますが、
今日はとても穏やかな一日となっていまして、
早朝は北アルプスがとても美しい姿を見せてくれていました。

201206131
(定番ポイントでいちまいパチリ)

数日続いた雨のおかげで空気中の埃も落ちたのか、
白馬方面までくっきりと眺めることができます。
雲ひとつない、というわけにはさすがに行きませんが、
この時期としては上々の眺望といえるでしょう。

201206132
(穂高駅から山麓へ向かう道からの眺望)

水田に植えられた稲も田植えからひと月が過ぎ、
成長している様子が見て取れます。
そしてもうすぐ刈り取り時期を迎える麦畑の黄金色が
水田の緑と鮮やかなコントラストを見せています。

201206133
(アルプスを望む田園風景のなか、子供たちが登校していきます)

観光シーズンの谷間とも言われる梅雨時期ですが、
だからこそ素のままの安曇野と触れ合える絶好の季節でもあります。
のんびり穏やかな6月の安曇野で癒されてみるのもいいですよ。

|

2012年6月 6日 (水)

TV番組収録のお手伝いをしました

先日の廃線敷でのロケに続き、
新たなテレビ番組の収録のお手伝いをさせて頂きました。

某TVの旅情報番組で、
安曇野の魅力をあるテーマに沿って紹介するものです。

安曇野は毎年のようにTV各局で旅番組が制作されていますが、
今回巡った場所はちょっとひと味違う感じに構成されています(たぶん)。
定番のポイントに加え、安曇野案内人倶楽部おすすめスポットを
程よくブレンドした内容になると思います(たぶん)。

番組詳細は後日改めてお知らせできるかと思います。
乞うご期待!

201206061

|

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »