« 安曇野は平野部でも雪が降り始めました | トップページ | 安曇野もようやくうっすら雪化粧です »

2011年12月 7日 (水)

冬場のガイドは日本各地の気温差を実感します

冬場にガイドを行っていると、よく感じるのが各地の気温差ですね。

日本の気候、ことに気温に関しては夏より冬にこそ地域差が顕著に現れますが、
例えば比較的温暖な地方から安曇野へ来られた方々を案内していると、
こちらは通常の感覚なのでさほど寒いと感じていなくても
お客様にとっては十分すぎるほど寒くて震えてしまう場合もあるわけです。

たいていの場合、お客様のご当地より信州のほうが寒いのですが、
まれにそれとは逆の場合もあったりします。

今日ご案内したお客様は北海道からお越しの皆さま。
お客様のご当地の今朝の気温はマイナス9度だったそうで、
安曇野も日本の平均気温からすればけっこう寒い地方になりますが、
それでも北海道に比べれば、って感じでしょうか。
集落を散策中にひと言「ずいぶんあったかいですね」との感想でした。(^_^;

今年は平年よりずいぶん暖かな日が続いている安曇野ですが、
それでも12月に入って少しずつ日中の気温も下がってきています。
寒いかどうかは地元住民も含めて人それぞれの体感次第ですが、
寒さが厳しくなっていくことは間違いないので、どうぞ暖かくして
お出ましくださいませ。

201112071_3
(この地方の伝統建築“本棟造”と屋敷林を見学)

201112073_2
(屋敷林が続く小路の彼方に常念岳が望めます)

201112072_2
(安曇野わさび田湧水公園で清らかな湧水を堪能)

201112074_2
(公園の一角では地元の人が菜っ葉洗いに精を出してます)

|

« 安曇野は平野部でも雪が降り始めました | トップページ | 安曇野もようやくうっすら雪化粧です »

ガイド活動」カテゴリの記事