« 安曇野の奥深さを堪能するガイドウォークイベント | トップページ | 信濃毎日新聞に記事が掲載されました »

2011年10月 9日 (日)

長峰山よりの眺望

ここ数日、安曇野は絶好の行楽日和となる上天気が続いています。

写真は長峰山からの眺望を撮影したものです。
少し霞んでしまっていますが、もっとクリアに見える日もあって
写真撮影に訪れる人も多い人気スポットです。

201110081
(昨日の朝の様子)

201110092
(今朝の同じ場所から撮影。)

今朝は例によって朝の濃霧が発生していましたが、
山頂に上ると雲海が広がっているように見えて
まるでアルプスにでも登ったかのような風景を目にすることができます。

この長峰山は安曇野の観光ガイドのパンフレットや
ウェブサイトでもよく紹介される場所ですね。
昔、井上靖、川端康成、東山魁夷がここを訪れ、
ここからの眺望を絶賛したとの逸話があります。
川端康成曰く「残したい、静けさ、美しさ」という景観。

当時に比べて街は大きく様変わりしましたが、
アルプスに抱かれるように広がる安曇野の大地の姿は
今も変わることなく私たちに素敵な風景を見せてくれています。

長峰山頂上へは明科地区の入山口から車で約15分。
狭い山道なので通行にはくれぐれもご注意ください。

|

« 安曇野の奥深さを堪能するガイドウォークイベント | トップページ | 信濃毎日新聞に記事が掲載されました »

安曇野NOW」カテゴリの記事